白髪染めの注意点

白髪染めをする前のパッチテストの手順

パッチテストとは、皮膚アレルギーチェックの事で、白髪染めをする時にまず最初に行うとても大切なものです。

アレルギー反応があるかどうかを調べるための重要な事項ですから、面倒がらずにぜひ検査してください。
パッチテストの手順についてご説明します。

STEP1:製品の準備
白髪染めの製品を開封し、説明書に書いてあるパッチテストの手順に従って行います。
1剤と2剤がある場合は、小皿などを使って綿棒で少量を混ぜるようにするとやりやすいです。
この時金属製の小皿は避けてください。

STEP2:肌に塗る
1で作ったパッチテスト用の製剤を腕の内側に薄く塗ります。
なるべく目立たない部分を選びましょう。
綿棒を使うと手を汚さずに塗れます。
10円玉くらいの大きさを目安に塗りましょう。
30分程度そのまま放置して、まだ乾いてなかったらティッシュやコットンなどでさっと拭き取ってください。

STEP3:放置する
放置する時間は48時間です。
二日間放置する事になりますが、製剤を塗った当日の入浴はできるだけ避けましょう。
入浴をした後でパッチテストを始めることをおすすめします。

製剤を塗った部分にかゆみや赤み、発疹などが表れた場合はこの白髪染めは使用できません。
すぐに製剤を洗い流してください。
もしもテストで異常を感じたら皮膚科を受診して適切な処置を受けましょう。

このパッチテストで異常がなければ白髪染めができます。
放置時間は必ず48時間を守ってください。
何かトラブルが起こってしまってから後悔しても遅いので必ずパッチテストをするようにしましょう。