白髪染めのメリット・デメリットを比較

トリートメントタイプ~毛染めをしながら髪のケアもできる

トリートメントタイプの場合は、ヘアカラーとは違って元々ある髪の毛のメラニン色素を破壊せずに、表見のタンパク質のみを染めるようになっています。
それに、天然の成分を利用していることが多いのが特徴です。

メリット1.髪の毛にダメージがない
ヘアカラーをするときのように枚の毛のダメージを与える事が少ないので、染めたあとにツヤやツルツル感を実感することができます。
それに、トリートメントの力によって弱っていたハリやコシを蘇らせることができます。

メリット2.肌に優しい
頭に直接つけるものですので、ダメージが少なく、特に頭皮に優しいのが特徴になっています。
かぶれなどの症状がなく肌にアレルギーを持っている人でも安心して利用することができます。

メリット3.簡単で手軽に利用できる
シャンプーをした後にトリートメントを行うように、髪の毛全体に塗るだけで綺麗に染める事ができます。
それに、万が一手に付着した時でもすぐに綺麗に落とすことができます。



デメリット1.一回では綺麗に仕上げる事ができない
完全に綺麗な状態に染めるまでには何回も行う必要があります。
これは本来一回で綺麗に染めるものではなく、定期的に利用することによって効果を実感することができるものです。

デメリット2.染料が髪の毛の奥までいかずに表面だけに膜をはってしまいます
その為、シャンプーなどをすることによって次第に落ちて行ってしまいます。
ですので、白髪の色が余計に目立ってしまうようになってしまいます。
トリートメントと一緒に利用しないと1か月程度で元に戻ってしまいます。


大人になって髪の毛が成長する速度というのは、人によって違ってきますが、毎日0.3mmから0.5mmです。
ですので、毛染めをしても一か月経過すれば成長してきた髪の毛の分が白くなってしまうということです。
いくら長持ちをするものでも、伸びて成長した髪の毛を一緒に染める事というのは難しいものです。

その為、いつも染めた状態にしておくためにはトリートメントが効果的なのです。

利尻ヘアカラートリートメントは、髪の毛のダメージを与える事なく10分程度で綺麗に白髪を染める事ができるので、染めた後に満足感のない人は一回試してみてはいかがでしょうか。