白髪染めのメリット・デメリットを比較

ヘナ白髪染め:通販で人気上昇中!シャンプーの染め方を比べる

ヘナとは一体なに?
ヘナとは、インド~アジア~アフリカまで幅広い場所に生息しているミソハギの一緒で、低木植物に部類されます。
このヘナの葉っぱには、染料や殺菌をする力があるといわれてきて、昔から活用されていました。

ヘナを使った染髪について
髪の毛というのはタンパク質が中心になっています。
そしてタンパク質を囲うようにキューティクルでできています。
このキューティクルがなくなって主成分でもあるタンパク質が外の出る事によってヘナでは染まりにくい状態になります。

タンパク質は、髪の毛が成長することによって補給されますが、重要になっているキューティクルの部分は修正をすることができないので、タンパク質成分はなくなってしまうのです。
その為、色が綺麗に入ってきた時には髪の毛が健康になったと思ってもいいでしょう。

ヘナ白髪染シャンプーでの染まる様子
ヘナ白髪シャンプーも他のものと同じ、すぐには染まることができないとされています。
人によって染める方法が違って、ヘアキャップをつけるとか、染め方に工夫をすることによって綺麗に染める事ができますが、完全な状態にするまでには2週間から1か月程度の時間がかかってきます。

それに、ヘナ自体がオレンジ色に染まる特徴があるので、黒髪のつけると明るい色になってしまうことがあります。
そして、ヘナには独特な香りがあります。
この臭いに耐える事ができなく、途中で断念をしてしまう人も多くなっています。

他にも、天然のものですので非常に肌には優しいですが、植物の中でが刺激的が強くなっているので、人によってはアレルギーを併発してしまうことがあります。

ヘナ白髪染めシャンプーは、ヘアパックセットを購入すると3000円から5000円で購入することができ、毎日利用すると2か月程の期間利用することができます。

今、天然成分のものを利用している人であれば、少し追加することによって綺麗な黒い髪を温存することができます。
しかし、天然成分ではないものを活用している人には少し経済的な負担になってしまうかもしれません。

それに、染まるのに時間などがかかってしまうとか、アレルギーを併発してしまうという事に心配をしているのであれば、同じ天然成分で作られている利尻ヘアカラートリートメントがいいでしょう。
これは10分程度で染める事ができるので、非常に肌にも優しいヘアカラートリートメントです。