白髪染めのメリット・デメリットを比較

白髪を染めるのに、男性用と女性用がある訳

男性用と女性用があるのは何故
白髪を染める時に、男性用と女性用に分かれている事がありますが、成分には違いがありませんので、男性が女性用を利用しても全く問題が無いと言えます。

分かれている理由として、女性用の白髪染めは、香料が入っているので女性らしい香がするので抵抗がある人が結構いたり、男性用は、短いコームが入っているという違いがあるだけです。

男性で薄毛の人や、敏感肌の人は女性用を利用した方が髪に刺激を与える事がありませんので、良い場合もあります。


男性にお奨めの白髪染めはあるの?
女性に比べて男性は抜け毛を気にする人が沢山います。
毛を染める行為は少なからず、髪に負担がかかることになりますので、抜け毛を気にしている人は髪を染めること自体に抵抗を感じてしまうかもしれません。

その場合にオススメな薬剤はヘアマニキュアです。
マニキュアにも色々な種類があり、泡で気軽に使えるものや、しっかりと染めたい場合にクリームタイプ、液体ジェル等があります。

クリーム状のものは、ハケを利用して好きな個所だけに塗る事が出来ますので、少しだけ染めたい人にはとってもオススメです。
液体タイプの物は、シャンプーのように利用をしますのでとても馴染み安いですが、むらが起きてしまう事が懸念されます。

泡の物は、液が顔についてしまう心配もありませんので場所を限定しませんので、むらになるのが嫌な人にはとてもオススメです。

男性にオススメの商品と言うと、女性に比べて髪が短いので短時間で染めることが出来るため、どれも大差はありません。
せっかちな人であれば、お風呂で入浴をしながら利用をすることが出来る、トリートメントタイプが一番使いやすいと言えます。