白髪染めの基礎知識

大切なパッチテストの手順

白髪染めでトラブルとして心配をされる事が頭皮トラブルです。
このトラブルを回避するために必要になる事がパッチテストとなります。

パッチテストとは、アレルギ―反応の有無をチェックする大切なテストです。
白髪染めを行ってから、皮膚トラブルが起きてしまった・・という事にならない為にも、必ず行いましょう。

パッチテストの手順をご紹介させて頂きます。

STEP1
テスト液を作ります。白髪染めの1剤と2剤を少量混ぜる事によって作る事が出来ます。
分量については、取扱い説明書をよく見ながら作るようにしましょう。

STEP2
テスト液が完成をしたら、腕の内側部分に薄く塗ります。
範囲については、コイン大の大きさが目安となります。

STEP3
テスト液を塗った場所が落ちてしまわないように気を付けながら、48時間そのまま放置をしておきます。
そして、48時間の間、定期的にパッチテストを行っている場所をチェックする様にします。
そして、万が一、体調不良や、痒みや赤みが出ているようでしたら、すぐに洗い流してください。

STEP4
体調不良や、痒みや赤みといった症状がなく48時間、無事に経過をしたらパッチテストの終了です。
パッチテストを行った、白髪染めを使用する事が出来ます。