総合人気白髪染めランキング

総合人気白髪染めランキング

白髪染めのメリット・デメリットを比較

昆布ヘアカラートリートメントを徹底比較

白髪染めの基礎知識

白髪染めの使い方、注意点

1本でも見つけただけで気になる白髪。目立ってくると、ヘアカラーよりも白髪染めを使う方が効果的です。 【今から始める白髪染めナビ】では、白髪に関する基礎知識からケアの注意点。 今人気の白髪染めを口コミから検証した結果をランキングでわかりやすくご紹介しています。 正しく白髪染めをするには【頭皮ケアもセット】で行うことが重要です。 白髪の悩みが解消したのに今度は抜け毛・薄毛の悩みが。そんな事にならない様に安心、安全な白髪染めを選びましょう。

絞込み検索

なんで白髪になるのか

白髪はいずれ誰でも通る悩みですね。 まず毛髪の基本知識をご紹介します。
毛髪は毛髄質(メデュラ)、毛皮質(コルテックス)、毛表皮(キューティクル)からできています。 これらにはもともと色はなく、毛皮質の中に沈着しているメラニン色素によって髪の色が決まります。
毛乳頭のまわりにある毛母細胞の間には、メラノサイトという色素形成細胞があり、ここで、髪の色を作るメラニン色素が作られます。

なんで白髪になるのか

しかし、このメラノサイトは、一生の間ずっとメラニン色素を作り続ける訳ではありません。
メラノサイトの数が徐々に減少し、チロシナーゼと呼ばれるメラニン生成に必要な酵素の働きが弱ってくると、髪の色素が薄れて白髪になるのです。
毛根の最下部にある毛球部の毛乳頭が、毛細血管から栄養素を取り入れ、成長を開始。
髪の生成に必要なアミノ酸などを吸収した毛母細胞は、細胞分裂によって少しずつ押し上げられ、頭皮の上に出た部分が毛髪となります。 また、成長する過程の中でメラニン色素が取り込まれ、髪に色がつきます。

白髪染めランキングTOP3

ルプルプ ヘアカラートリートメント

  • 1,980円
  • Jコンテンツ
  • 200g
  • あり

天然素材だから髪のダメージは一切ありません

毛穴の奥にまで届く栄養成分配合

白髪染め特有の気になる匂いは全くありません

詳しい詳細をみる

ヘアボーテシーエッセンスカラーフォーム

  • 3,694円
  • FUTURE LABO
  • 80g
  • あり

一回の利用でムラなくばっちり満足染め上がり♪

利用した92%以上の人が染めやすさを実感!

脱色剤が使われていないから肌に優しい♪

詳しい詳細をみる

利尻ヘアカラートリートメント

  • 3,150円
  • サスティ
  • 200g
  • あり

お風呂で使えるトリートメントタイプ♪

髪のダメージ予防に嬉い♪無添加♪ノンシリコン

嫌な臭いが一切ない、ストレスフリータイプ

詳しい詳細をみる

白髪染めの注意点!

白髪染めに使われている占領というのはヘアカラーと比べてすごく強いものです。
ですので、ヘアカラーと同じような感覚は使用しないようにしましょう。
そして、白髪染めは手軽で簡単に利用することができることから、頻繁に行う人がいますが、これは頭皮や髪の毛へのダメージが非常に強くなってしまうので、最低でも1か月以上の間隔をあけてから白髪染めをするようにしましょう。

この期間で白髪が目立ってきた場合には、ほかの方法で対処した方がいいでしょう。
白髪染めには様々な成分のものがあります。
酸化染毛型の場合、刺激が強くなっているので、かぶれや湿疹が起こる場合があります。
ですので、肌の弱い方にはおすすめすることができません。


特にアレルギーを持っている方は注意をしてほしいと思います。
目のかゆみや痛みなどのアレルギー症状が出てしまう可能性があります。

もし、薬剤が目の中にはいってしまったときは、焦ることなく水かぬるま湯で15分以上新井流してあげてください。
自分の判断で目薬などを安易に使ってしまうと失明や症状が悪化してしまうことがあるので、もし不安であれば専門家に見てもらうといいでしょう。

安全に白髪染めを行うために

最近では髪の傷みを軽減しつつ、手軽に綺麗に白髪を染めができることから、多くの人に白髪染めは使われています。
主にドラッグストア・スーパーなどで販売されており、誰でも手軽に入手できます。

また以前よりもカラーバリエーションが増え、ブラック、グレー、ブラウン以外にも多くのカラーが買えるようになり、より自分好みのカラーに染めることが出来るようになりました。

ですが、肌に合わなかったり、髪にダメージが原因などでトラブルになる事もあります。
ここでは起こりうるトラブルをご紹介します。

・髪の毛へのダメージによって、薄毛、脱毛などが起こる
・白髪染めが肌に合わず、頭皮の乾燥、頭皮の炎症、かゆみ、大量のフケの発生などが起こる
・体調が悪くなる。
などが起こる可能性があります。
このような事が起こらない為にも、必ず使用する前に事前のパッチテストはしっかり行いましょう。

白髪染めとオシャレ染めの違い

白髪染めと髪の毛の色を変えるオシャレ染め、染め粉の状態だと違いがわからないと思います。
では実際に何が違うのと思った方もいると思います。

ここでは違いについてご説明致します。
大きな違いは成分の配合と量です。
白髪染めには白髪を綺麗に染めるための成分が含まれていますが、オシャレ染めには白髪を綺麗に染める成分が入っていません。
オシャレ染めを使っても白髪を染めることもできますが、色ムラや髪へのダメージが起こり、白髪染めを使うよりも綺麗に染めることが出来ない可能性があります。

そのため、白髪が目立ってきた方は白髪染め染めることをおすすめ致します。
最近では色のパターンが増え、髪へのダメージを抑えるような成分が多く含まれて、従来の液を櫛で馴染ませるタイプから、泡で染めるタイプなど手軽に自分に合ったカラーに染めることができます。

臭いが気になる方に

白髪染めを利用する上であの独特でキツイ匂いが嫌いな方がいると思います。
しかもこの匂いはすぐ消えることがないので、困ります。

この匂いは1剤と2剤に白髪を短時間で染めるほどの薬剤が含まれているため、すぐ消えないキツイ匂いとなるのです。
最近ではこのような匂いを抑えるために香料など含んだ商品が出ていますが、気になる方は気になると思います。
このすぐ消えないキツイ匂いが嫌な方には天然成分からできた白髪染めがいいと思います。

天然成分からできた白髪染めの場合、植物や天然素材の色素などを使っているため、従来の白髪染めのようなキツイ匂いがありません。
また、天然成分から出来ているため、髪や頭皮に優しいのです。

匂いが気になる方は一度、天然成分からできた白髪染めを使ってみてはいかがでしょうか。

天然成分からできた白髪染めがオススメ

年齢を重ねるごとに増えていく白髪ですが、最近では様々な原因で若い人にも白髪が増えてきて今では年齢を問わず、白髪を気にする方が多くなっています。
そして多くの人が薬局やスーパーなどで買える1剤と2剤に分かれた白髪染めを購入して自宅で染めていると思います。

ですが、この1剤と2剤に分かれた白髪染めは髪への負担が大きい薬剤が入っているため、髪や頭皮にダメージを与えてしまいます。
また、髪や頭皮にダメージだけならいいのですが、脱毛にもつながる可能性もあります。

このように白髪染めは髪への負担が大きいため、髪や頭皮のダメージが心配な方はオススメ致しません。
しかし、白髪が気になるため、使わざる負えないと方が多いと思います。

そんな方には髪に艶を与え、ダメージを軽減する白髪染めがあります。 それは天然成分からできた白髪染めがオススメです。

最近、人気があるトリートメントタイプについて

最近では一般的な染め剤を髪に塗るタイプとは違うトリートメントタイプという新しいタイプの白髪染めが人気になっています。
このトリートメントタイプの白髪染めは、シャンプーをした後に塗り、時間をおいて洗い流すというタイプです。

トリートメントタイプであれば、手が黒くなって取れなくなる心配もなく、トリートメントの成分も含まれているため、髪の痛みも少なく済みます。
一般的な白髪染めは成分が強すぎるため、髪が傷んでしまうと悩んでいる方には非常にいい白髪染めです。

また、このトリートメントは1度使えば白髪が染まるわけではなく、何度か使っているうちに徐々に染まっていき、自然な仕上がりになるため、すぐに染めたい方には向きません。
白髪が少し気になりだした方、頭皮が弱い方、髪の毛を傷めたくないという方にはトリートメントタイプがオススメです。

白髪染めを使うと抜け毛が増えるのか

白髪染めを使い続けたり、髪の毛が薄い人が使うと抜け毛が増えてしまうといった話を耳にしたことがありませんか。
強い薬剤が含まれるため、抜け毛が増えそうなイメージがあるのは当然のことだと思います。

ですが、白髪染めの影響で抜け毛になってしまうことはないと言えます。
そもそも抜け毛が起こる原因は毛根がダメージを受けることです。
白髪染めの薬剤は毛根に届くことはないので、心配ありません。

しかし、成分が肌に合わず、頭皮が炎症や痒みといった症状がでてしまうことで、抜け毛が起きる可能性があります。
このようなことが起こらないようにパッチテストを行い、炎症や痒みといった場合は使用しないようにしましょう。

万が一、使用後に炎症や痒みが出た場合は、すぐに病院に行き、治療をしましょう。

トラブルについて

気になる白髪を即座に黒くする事が出来る白髪染めは非常に便利ですが、トラブルが起きる事がありますので、注意が必要です。
特に、何度も行っていたり、体調が悪い時には症状が起きやすいので気をつけましょう。

良くあるトラブルとして、薬剤をつけた時にしみてしまうという症状です。
刺激のある染料が利用されている場合に起きてしまいますので、なるべく直接つかないように気をつけましょう。
液体タイプは薬剤が流れる為、皮膚に付きやすいと言われています。頻繁にしみてしまう場合にはクリームタイプを利用して、肌トラブルを回避しましょう。

次に髪がパサついてしまう事があります。
これは薬剤により開いたキューティクルが閉じきらなくなってしまう事が原因です。
しっかりとトリートメントを行い、髪の修復を心がけるようにしましょう。

髪の毛のケアをしっかり行いましょう

ダメージを負った髪の毛は爪と同様に完全に元には戻りませんが、ダメージを補修してくれるシャンプーやトリートメントなどを 使ったり、キューティクルの保護をしてくれるシャンプーやトリートメントなどを使うことによって、多少に回復が望むことが出来ます。

おすすめのシャンプーは弱酸性シャンプーもしくはアミノ酸シャンプーになります。
またシャンプーする際はぬるめのお湯で洗うと成分が浸透しやすくなります。

トリートメントは毎日行わず、2日に1回くらいがいいです。
最後に髪を洗った後は、タオルで水分を良くとり、できるだけ大きな風の出るドライヤーを使って乾かしましょう。

このように髪の毛に気を使い、しっかりとケアを行うことで、髪へのダメージを抑え、美しい髪に戻ることでしょう。

白髪染めの種類

白髪染めの種類はムースタイプ、泡タイプ、ジェルタイプ、クリームタイプが一般的な種類です。
この中で一番簡単に染められるのがコームつきのムースタイプになります。

このタイプは液だれが心配が少なく、液が飛んだりすることも少なく、誰でも簡単に染められます。
逆に一番手間がかかり、気をつけないといけないのは2液を合わせて、くしなどの染めていくタイプになります。
このタイプだと、液だれの心配、液が飛んだりする心配があるため、気を使わないといけません。

他にも泡タイプの場合は泡をビニール手袋をした手に出してから、染めるため、こちらも泡が飛ばないように注意しないといけません。
ジェルタイプも同様で液が飛ばないように気をつけないといけません。

そして今、一番人気なのは新しく種類のトリートメントタイプです。
この白髪染めはお風呂場でシャンプーの後にトリートメントとして、使用して白髪を染めるタイプです。
このタイプであれば、お風呂場で使用するため、液だれの心配もないですし、液が飛んでもお風呂場なので問題ありません。

このように様々なタイプが市販されていますので、貴方に合った白髪染めを選んでみてはいかがでしょうか。

市販品と美容室

市販品の値段と美容室で白髪染めをする値段だけを比較すると、市販品を利用した方が断然お得になります。
しかし、それぞれメリットとデメリットがありますので予め確認をしておきましょう。

まず市販品の場合、好きな時に短時間で髪を染める事が出来ます。
自宅でも白髪染めを行う事が出来ますので、気軽に白髪染めを楽しむ事が出来ます。
しかし、ムラが起きてしまったり、自分で片付けをしなければなりません。
また、自分に合った髪色を相談する事も出来ないというデメリットがあります。

美容院の場合、仕上がりが綺麗という事は間違いありません。
しかし1回に2,3時間の時間がかかってしまったり、値段もずいぶんかかるので、気軽に行くという事が難しいです。

両方をうまく使い分けると良いでしょう。